L4Bオートモーティブ、NXPのOrangeBoxを活用してコネクテッドカーとソフトウェア定義自動車の未来を牽引

NXPのOrangeBox a Connectivity Domain Controllerは、Software-Defined Vehicle(SDV)の先進的な領域において、イノベーションの要となる製品です。L4Bオートモーティブは、車載ソフトウェア・ソリューションの専門知識を生かし、車載ソフトウェア・ソリューションの開発を進めています。

L4BオートモーティブでSDVとゾーンアーキテクチャを探る

絶え間なく進歩するテクノロジーの領域で、自動車業界はパラダイム・シフトを経験している。この変革の特徴は、従来の車両アーキテクチャーからソフトウェア定義の車両アーキテクチャーへの移行である。

LiDAR L4B 2

3D LiDARプロセス - 3D点群

自律走行アプリケーションで使用されるLiDARは、ほとんどが3D LiDARです。このようなセンサーは、センサーから異なる傾斜角で伝搬する複数の回転レーザービームを使用し...