OCPPで電気自動車充電の未来を拓く

電気自動車(EV)への移行は、自動車技術における極めて重要なシフトを示しており、Open Charge Point Protocol(OCPP)、ISO 15118、および...

L4Bオートモーティブ、NXPのOrangeBoxを活用してコネクテッドカーとソフトウェア定義自動車の未来を牽引

NXPのOrangeBox a Connectivity Domain Controllerは、Software-Defined Vehicle(SDV)の先進的な領域において、イノベーションの要となる製品です。L4Bオートモーティブは、車載ソフトウェア・ソリューションの専門知識を生かし、車載ソフトウェア・ソリューションの開発を進めています。

L4BオートモーティブでSDVとゾーンアーキテクチャを探る

絶え間なく進歩するテクノロジーの領域で、自動車業界はパラダイム・シフトを経験している。この変革の特徴は、従来の車両アーキテクチャーからソフトウェア定義の車両アーキテクチャーへの移行である。

L4Bソフトウェア Android Automotive OS 13

IVI 向け Android 車載 OS 13 プラットフォーム

先日、Android OS 13の最新版リリースノートが公開され、グーグルが最新の車載プラットフォームの技術的背景の見直しに時間を費やしたことが明らかになった。Android Automotive ...

Android IVIプラットフォームを理解する:AOSPとAAOSの選択。

アンドロイド・オートモーティブOS(AAOS)とアンドロイド・オープンソース・プロジェクト(AOSP)をめぐる混乱は多い。この2つのAndroidバージョンはしばしば互換的に使用されるが、異なるプラットフォームとアプローチを表している。...

L4B_セキュリティ・アップデート

OEMが無視できない、AndroidおよびLinuxベースのIVIおよび計器クラスタ向けの重要なセキュリティアップデート!

2021年11月、サイバーセキュリティ研究者は、アンドロイドと組み込みLinuxシステムに影響を及ぼすいくつかの重大な脆弱性を発見した。グーグルはアンドロイドの月例セキュリティ・アップデートをリリースしたが、ユーザーや製造業者は、この脆弱性に対して十分な注意を払う必要がある。

L4B IVI Android 12

IVIをAndroid 12に移行する準備 - 知っておくべきAndroid開発の変化

グーグルは2021年10月4日、Android 12 AOSP(Android Open Source Project)のソースコードを公開した。そのため、自動車メーカー各社は、インフォテインメント・システム(IVI)のアップデートをサポートするために、新しいOSバージョンを移植する必要があるかもしれない。

ハイパーバイザーとコンテナ_l4bautomotive

同じ組み込みCPUで複数のOSを動かす - OEMはチップ不足の危機をどう乗り越えるか?

技術の進歩に伴い、特に自動車部門では、自動車用インフォテインメントから計器クラスタに至るまで、チップは日常生活のほとんどあらゆる場面に組み込まれている。パンデミック(世界的大流行)により、自動車産業は減速している。