L4Bソフトウェア Android Automotive OS 13

IVI 向け Android 車載 OS 13 プラットフォーム

先日、Android OS 13の最新版リリースノートが公開され、グーグルが最新の車載プラットフォームの技術的背景の見直しに時間を費やしたことが明らかになった。Android Automotive ...

Android IVIプラットフォームを理解する:AOSPとAAOSの選択。

アンドロイド・オートモーティブOS(AAOS)とアンドロイド・オープンソース・プロジェクト(AOSP)をめぐる混乱は多い。この2つのAndroidバージョンはしばしば互換的に使用されるが、異なるプラットフォームとアプローチを表している。...

L4B_セキュリティ・アップデート

OEMが無視できない、AndroidおよびLinuxベースのIVIおよび計器クラスタ向けの重要なセキュリティアップデート!

2021年11月、サイバーセキュリティ研究者は、アンドロイドと組み込みLinuxシステムに影響を及ぼすいくつかの重大な脆弱性を発見した。グーグルはアンドロイドの月例セキュリティ・アップデートをリリースしたが、ユーザーや製造業者は、この脆弱性に対して十分な注意を払う必要がある。

L4B IVI Android 12

IVIをAndroid 12に移行する準備 - 知っておくべきAndroid開発の変化

グーグルは2021年10月4日、Android 12 AOSP(Android Open Source Project)のソースコードを公開した。そのため、自動車メーカー各社は、インフォテインメント・システム(IVI)のアップデートをサポートするために、新しいOSバージョンを移植する必要があるかもしれない。

ハイパーバイザーとコンテナ_l4bautomotive

同じ組み込みCPUで複数のOSを動かす - OEMはチップ不足の危機をどう乗り越えるか?

技術の進歩に伴い、特に自動車部門では、自動車用インフォテインメントから計器クラスタに至るまで、チップは日常生活のほとんどあらゆる場面に組み込まれている。パンデミック(世界的大流行)により、自動車産業は減速している。

L4B サイバーセキュリティ 自動車

セキュアな自動車グレードのLinuxおよびAndroidシステム

自動車メーカー各社はここ数年、アンドロイドやLinuxカーネルをベースとしたインフォテインメント・システムやICシステムを提供している。しかし、自動車業界は、そのようなシステムから遠ざかろうとしている。

BSPバリデーション

BSP自動検証

車載ECUにおけるコネクティビティ機能の重要性が高まる中、SoC(System on a Chip)BSP(ボード・サポート・パッケージ)は、製品の最終的な総合性能を向上させることを主な目的としています。このBSPは、車載ECUのコネクティビティを向上させます。

L4B インフォテインメント・システム

Android IVI - Google Automotive Services(GAS)を理解する

Androidを理解する Googleの自動車向けサービス 研究者は、2030年までにAndroidインフォテインメント・システムを搭載した新車が3,600万台出荷されると予測している。自動車メーカーがAndroidインフォテインメント・システムに注力すべきなのは明らかだ。