L4Bオートモーティブ、NXPのOrangeBoxを活用してコネクテッドカーとソフトウェア定義自動車の未来を牽引

NXPのOrangeBox a Connectivity Domain Controllerは、Software-Defined Vehicle(SDV)の先進的な領域において、イノベーションの要となる製品です。L4Bオートモーティブは、車載ソフトウェア・ソリューションの専門知識を生かし、車載ソフトウェア・ソリューションの開発を進めています。

ハイパーバイザーとコンテナ_l4bautomotive

同じ組み込みCPUで複数のOSを動かす - OEMはチップ不足の危機をどう乗り越えるか?

技術の進歩に伴い、特に自動車部門では、自動車用インフォテインメントから計器クラスタに至るまで、チップは日常生活のほとんどあらゆる場面に組み込まれている。パンデミック(世界的大流行)により、自動車産業は減速している。

BSPバリデーション

BSP自動検証

車載ECUにおけるコネクティビティ機能の重要性が高まる中、SoC(System on a Chip)BSP(ボード・サポート・パッケージ)は、製品の最終的な総合性能を向上させることを主な目的としています。このBSPは、車載ECUのコネクティビティを向上させます。